■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

■冷房への道4

ここ数日、いろいろ考えて決断したこと。

やっぱり冷房いれましょ♪

っていうことで、エアコンのスイッチをON!

そして

fc-110612-1.jpg

ミルク 「むふ♪」

涼しいお部屋でご満悦なミルクたん。

今日は驚くほどよく食べます。
きっと涼しくなって、食欲が増したのね♪

去年までのように、冷房に頼りきりの生活は出来ないけれど
扇風機と併用しながら、エアコンにも活躍してもらいましょ。


そして本日の室温27度・湿度60%

あぁ、快適♪
洗濯物もすぐに乾く~☆



拍手する
さて、ここからちょっとだけ真面目な話。


偶然知ることが出来た、すぐりミルク家周辺の放射線量。
それは公式発表よりもはるかに多い数値でした。
(比較数値は一日分だけではありません)

それでも「健康に被害は無い」と言い続けている人たちがいます。

物事の捉え方は人それぞれです。
気にしない人は気にしないレベルかもしれません。

しかし私はその数値については楽観視できないと思っています。

だから窓も開けないし、洗濯物も外には干さない。
帰宅したらすぐに服を着替えるし、カバンは玄関に置いておく。
水道水も猫には飲ませない。


暑い、暑いと言いながら、外は風が吹いて涼しい日もありました。
せめて窓が開けられれば・・・・と何度思ったことか。

だけどそこで「窓は開けられない」と思う自分がいる。


エアコンの使用も凄く迷いました。
幸いにも、我が家のエアコンは外気を取り込まないタイプなので
(外気を取り込まないタイプでも懸念点は残ります、気になる方はお調べ下さい)
のちのち熱中症になるよりは・・・と使用(と覚悟)を決めました。


ここまで神経質になる理由、それは猫たちを被爆させたくないから。
そして自分も必要以上に被爆する必要は無いと思うから。

それだけです。



3月、犬猫の被爆については人間と同じに捉えてよいという文書を目にしました。
獣医さんが書いたものです。

これは私にとって凄く安心材料となりました。


とはいえ、今回の原発事故は過去に例の無い規模です。
どんな例外があるか分からない。

だからうちのコに出来る限りの対策をしてあげたい!
そう思わずにはいられないのです。

なぜなら、皆、私の家族だから。


最善の注意を払って、見えない状況をどうにか乗り切る。
ただし、神経質になりすぎてピリピリしない。

これが311以降の私の方針です。


はぁ~、心に溜まっていたことを書いたらスッキリしました!
これはある意味「不安に負けない!」という自分への宣言なのかもしれません。

スポンサーサイト
タグ : ミルク

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

エミ

Author:エミ
黒猫・白猫・茶白・灰白
4猫の のんびり生活日記

ホリスティックケア・カウンセラー
愛玩動物飼養管理士1級
犬と猫のための温圧・温灸セラピスト

只今、猫のQOLを追求すべく
犬猫のための東洋医学
アーユルヴェーダ
アニマルコミュニケーション
も勉強中。

動物実験実施メーカーの
製品は使いません。

毛皮製品も必要ないよね?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。