■2010年09月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

■今日の1枚(マ)

今日の1枚。

fc-100930-1.jpg

マロン 「んなーーーーーっ!」


 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する
スポンサーサイト

■今日の1枚(ソ)

今日の1枚。

fc-100929-1.jpg

ソルト 「キリッ☆」

 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■今日の1枚(ミ)

今日の1枚。

fc-100928-1.jpg

ミルク 「ほぇ~」

寄りかかっているものが新しいキャリーケースだということを
ミルクたんはまだ知らない・・・。


 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■暗色猫団子

うぅ、今日も寒いっ!

急に寒くなったせいか
マロがクシャミをし始めちゃった。。。

どうしよーーー。マロ頑張れ!!!

こんなに寒い時は、
お互いのぬくもりで温め合うのが一番!

というわけでケージの上は大賑わい。

fc-100927-1.jpg

すぐり 「さむいっ!」
マロン 「・・・せまい」
ソルト 「すぴ~」

総勢3猫。

推定総重量約15キロ。
・・・ケージ歪まないかしら?

fc-100927-2.jpg

すぐり 「おやすみ!モフッ♪」
マロン 「・・・せ、せまい」
ソルト 「すぴ~」

狭さに耐えきれず、マロ退散!

残された暗色コンビは仲良しパワー炸裂で

fc-100927-3.jpg

すぐり 「すぴ~」
ソルト 「すぴ~」

ねむねむ☆

fc-100927-4.jpg

すぐり 「すぴ~」
ソルト 「すぴ~」

猫が大好きなすぐっちと、甘えん坊のソルぽん。

ふたりがくっくつ、猫団子の季節がやってきました♪
うしし☆

あ、マロはネコタツに潜っていますので
ご安心を!!

 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■祝☆ミルクたん7歳

今日はミルクたんのお誕生日。

満7歳になりました!!

おめでとーーーー!

fc-100926-1.jpg

ミルク 「えっ!?」

ミルクたん7歳になったんだよ~♪

fc-100926-2.jpg

ミルク 「7歳かぁ・・・」

もう7年も一緒にいるんだね。
早いなぁ・・・。

お誕生日までに
血尿が完治するといいな~と思ってたけど

それはちょっと無理だったみたい。。。

fc-100926-3.jpg

ミルク 「うん・・・」

そこがちょっと心残りだけど、完治は(多分)目前!
一番ひどい出血を思えば、こんなの大したことないよね?

それにしても
ミルクたんの6歳は波乱万丈だったね。

去年はマロが来てすぐの頃で
ミルクたんは精神的に辛い状態で
6歳を迎えたんだっけ。

そして体調不良の日々。

咽頭炎2回、風邪1回、そして膀胱炎に嘔吐。
とにかくよく病院に行った年だった・・・。

7歳は無病息災・平穏無事な1年でありますように(祈)

そしてミルクたんがいつまでも、
この家を照らす明るい光でいてくれますように・・・(願)

fc-100926-4.jpg

ミルク 「チラッ」

ふふふ。
ミルクたんにもちゃーんと聞こえてるみたいだね(笑)


 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■あと少し・もう少し

うぅ~寒い!

暑いのも寒いのも辛いけど
一番堪えるのは、天候や気温の急激な変化。

突然の寒さで体調を崩さないよう、
我が家で一番寒がりなすぐっちを


fc-100925-1.jpg

すぐり 「・・・」

ブランケットでくるんでみる。

午前中は、このままおねむのすぐっち。
そして午後、日も出て暖かくなった頃に病院へ。

肛門腺が再び詰まらないよう、絞ってもらいました。

「痛くは無いけど嫌がります」という
先生のお言葉どおり、すぐっちは全力で抵抗。

でも経過はとっても順調♪

また詰まらないよう、
しばらくは定期的に絞る必要があるそうで
次回は2~3週間後ということになりました。

アレルギーのほうは、皮膚の赤みも引いてきて
痒みもだいぶおさまってきています。

アレルギー対応食に変えたので、
これでおさまれば、食物アレルギーのみ。
おさまらなければ、他にも要因がある。

ということで、アレルギー反応がひどくならないか
しばらく様子見&観察することになりました。

そして、本日の通院の目的はもう1つ。

ミルクたんの尿検査☆

ここ数日、他のコと遜色ない色にまで回復していたので
すっかり治ったと思っていたけれど

微量な出血が認められるとのこと。

fc-100925-2.jpg

ミルク 「えーそうなのぉ?」

ん~、肉眼では全く分からないのにね~。
残念!

引き続き、サプリを摂りつつ、
漢方薬も再開しようと思います。

すぐっちのアレルギー&ミルクたんの血尿、
どちらもあと少し・もう少し!というところデス。


 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■ノコリモノニハ・・・

急に肌寒くなり、ネコタワーのボア感がますます心地いい今日。

fc-100924-1.jpg

マロン 「ビシッ」

ネコタワーでキメるマロ。

その上では

fc-100924-2.jpg

すぐり 「すぴ~」
ソルト 「すぴ~」

暗色コンビがお昼寝中♪

実はこれ、1枚の写真なんです↓

fc-100924-3.jpg

マロン 「・・・」

マロのカメラ目線の本当の理由、それは
「ベッドがない・・・」と困って訴えているのデス。

お皿ベッドでお昼寝したかったのに
他の部屋で遊んでいて、ちょっぴり出遅れたマロ

タワーに着いたときには、すでに暗色コンビは寝てました。

そこで仕方なく

fc-100924-4.jpg

マロン 「はふぅ」

タワーのハウスで寝始めたマロ。

でもそこは、安定感があって
なおかつ暖かい、快適な場所なんだけどな。

fc-100924-5.jpg

マロン 「すぴ~」

寒いのか、段々丸くなっていくマロ。

最後には

fc-100924-6.jpg

マロン 「むきゅ」

せまっ!(笑)

こんな風になってました。

お皿ベッドは使えなかったけれど
結果、一番いい場所で眠れたマロなのでした♪

残り物には福がある☆ ね?

 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■ミルクたんのアレコレ

まったりくつろぐ、ミルクたん♪

fc-100923-1.jpg

ミルク 「・・・」

9月16日の嘔吐以来、グングンと血尿が治ってきて
今週はずっとキレイなレモンイエローを保っています。

漢方効果で止血されているだけなのかを確かめるため
9月21日からは漢方も完全にやめています。

それでも、レモンイエローを保てています♪

今では、トイレの中でどれがミルクたんのなのか
一瞬わからなくなるほど、他のコと同じ色なのです!

こちら、上から見たミルクたん↓

fc-100923-2.jpg

見事にもふもふ。

でも体重はマロに抜かれました。

着膨れ(?)するタイプだけど
もふもふの下は意外と細身。

そしてその立派なもふもふは
軟便のせいで汚れがちでした・・・。

抗生物質をやめても、しばらく軟便続きだったミルクたん。
数種類の乳酸菌を試しているけれど、すぐには効果が出ず
昨夜あたりから、やっと手ごたえを感じられるようになりました。

そして初夏からずっと悩まされてきた、アゴの汚れは

fc-100923-3.jpg

ミルク 「~♪」

かなりよくなりました♪

初夏から梅雨時に頻繁に見られた、
激しい痒みや汚れは落ち着きました!

って、ここまで書くと
全てが順調そうに見えるかもしれません。
でもそんな簡単には終わらないようで・・・。

昨夜、ちょっと耳が痒かったらしく
掻きすぎて引っかき傷を作ってしまいました。

もともとうっすらとアレルギーを持っているであろうミルクたん。
(アレルギー持ちかどうかも微妙なところ)

年に1~2回、耳に湿疹みたいなものが1、2個出来たりします。
(出来ない年もあります)
原因は食物かもしれないし、暑さかもしれないし、と
良く分からないまま。

痒そうでもないし、いつもすぐおさまるため
特に対処しないでいました。

昨夜の耳の痒みはアレルギー症状かどうか不明ですが
傷はもうかなり治ってます。

とはいえ。

今はすぐっちのアレルギー対応食もあることだし
仮に食物アレルギーだった場合、
これ以上過敏に反応しないで済むよう
それも食べてもらいつつ、様子を見ています。

最後に、
ネコタワーを探検するミルクたん♪

fc-100923-4.jpg

ミルク 「ドキドキ」

普段から、高いところにほとんど登らないミルクたんが
突如思い立って、昨夜はタワーに挑戦!

こういう明るく前向きな姿を見ると
本当に嬉しく思います。

膀胱炎完治まで(多分)あと少し!
一緒に頑張ろうね、ミルクたん☆

 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■無になる

昨日の続きです。
(参照記事 2010/9/21 一瞬で制する

マロに一瞬で制されたソルぽん。

fc-100922-1.jpg

マロン 「ふぅ~」
ソルト 「・・・」

元来、穏やかなふたりなので、その後はまったり。

fc-100922-2.jpg

マロン 「・・・」
ソルト 「・・・」

ソルぽんが動かないので

fc-100922-3.jpg

マロン 「すぴ~」

マロ、寝る(笑)

じゃあ、ソルぽんも寝たのかといえば

fc-100922-4.jpg

ソルト 「・・・」

そういうわけでもなく

目は開いているけれど

fc-100922-5.jpg

ソルト 「・・・」

無の境地(笑)

ソルぽんが悟りを開き、微動だにしないので

待ちくたびれたマロは

fc-100922-6.jpg

マロン 「♪~♪」

お風呂に入る(笑)

そして結局
ふたりで仲良くベッドを使うのでした。

【おしまい】




ところで・・・

ふたり合わせて10キロ超え。
タワー大丈夫かしら?


 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■一瞬で制する

最近購入したネコタワー、すっかり皆に気に入られ
常に誰かが使ってくれています。

昨日、お昼寝に使用していたのはすぐっち&マロ。

そこへ

fc-100921-1.jpg

ソルト 「なぁ~!」

ソルぽん、侵入!

マロが寝ているところで自分も寝たい!

その思いを叶えるため

fc-100921-2.jpg

ソルト 「ペロペロ」
マロン 「ほぇ~」
すぐり 「!!!」

マロのご機嫌取りにいそしむソルぽん。

fc-100921-3.jpg

ソルト 「ペ~ロ!」
マロン 「ふにゃぁ」

一方、熱心なソルぽんの行動で

fc-100921-4.jpg

すぐり 「・・・」

困惑を隠せないすぐっち。

ソルトのしっぽに耳をペチペチ打たれ
昨日、せっかく立った耳が片方
倒れてしまいました。。。

でも、すぐっちは何も言いません。
なすがまま、されるがまま☆

その頃、マロは

fc-100921-5.jpg

マロン 「ガバッ!」
ソルト 「うきゃっ」

ソルぽんの愛情表現が重すぎて

fc-100921-6.jpg

マロン 「んなっ!」
ソルト 「あぅぅぅ」

反撃(笑)

何がマロに火をつけたのか
一瞬でソルぽんを制するマロ兄さん。

今日は兄さんの貫禄(?)勝ちだね。


【つづく】

 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■祝☆マロン1周年

ちょうど1年前の今日
夜遅くに小さなパステル三毛の子猫に会いました。

人懐っこいその子猫に声をかけたら
自らトコトコと近づいてきて、すんなりと抱き上げられ
そのまま自転車のカゴの中に落ち着き、一緒に帰宅しました。

家に着いて洗ってみたら、三毛のグレー部分は流れ落ち
ちょっぴり残念な深いハチワレを持つ、茶白くんが現れました。

それがマロ。

病院で診てもらうまで、女の子だと思われていたマロ。

あれから1年、今日はマロのウチのコ記念日です♪

でも、そんなことは知る由も無いマロは

fc-100920-1.jpg

マロン 「ガシッ!」

ボールを見つけ

fc-100920-2.jpg

マロン 「あむっ」

口にくわえ

fc-100920-3.jpg

マロン 「ふがっ!」

その後、落として

fc-100920-4.jpg

マロン 「・・・」

無の境地(笑)

すっごく人見知りで怖がりだけど
食べ物には大らかなマロリーヌ。

何をしてても、いつもなんだか面白い、
ひょうきんな雰囲気を持つマロリーヌ。

可愛くって楽しくって、甘えんぼ。
そんな素敵な男の子です。

思えばこの1年、マロはほんとによく病院に行きました。
心配なことを数え上げたらきりが無いけれど
それでも毎日楽しく過ごしたい♪

神様、マロがこのままずっと健康で、
1日でも長く生きてくれますように。
ずっとずっと一緒に過ごせますように。

どうか、どうかマロのことをお守りください。
お願いします。。。


 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■対応食に切り替え

すぐっちの痒み発生から約1日半。

軽度と言われたアレルギー反応ですが
それでもかなり辛そうです。

今日の午後のすぐっち↓

fc-100919-1.jpg

すぐち 「・・・」

目の周りの赤みが目立ってきました。

インターフェロンが目に見えて効いたように思えたのは
打ってから夜ゴハンの前まで。

寝起きは痒みが増すようで、目を覚ますと
バリバリと耳元や時にはアゴを掻きむしる、すぐっち。

昨夜はいままでのカリカリで対応したものの
食後はさらに痒そうに掻いたり、舐めたり。

何か食べると、体温が上がって痒いの?
それとも、そのカリカリに反応してるの?

私が最初にアレルゲンとして思いついたのは
缶詰に入っているポーク。

カリカリはチキンのみなので、大丈夫かと思ったけど
それでも痒みはおさまらない。。。

アレルギーってすぐには引かないの?

もしかしてチキンに反応してるのかなぁ?
じゃあ、明日から缶詰に戻す?
でも缶詰にもチキンは入ってるよ?

頭の中を色んな思いがひしめき合う中

こんな風にのんびりとアレルゲン探しをやってていいの?
と昨夜から自問自答。

今朝はとりあえず、今までのカリカリを食べてもらい
急いで新しいカリカリ&缶詰探し!!

まずはネットでアレルギー対応食を購入。
さらに近所のペットショップへ今夜からの分を買いに行くことに。

すぐっちには

痒みが出ないような新しいゴハンを探していること、
ネットでいくつか頼んだこと、これから買いに行ってくること、
大変だけど一緒に頑張ろうね!などなど

たくさん話しかけていました。

ペットショップから戻ってからも
すぐっちのゴハンを買ってきたよ、いつでも食べられるからね
と、伝えてありました。

すると、お昼寝から起きたすぐっちは
「おなかすいたー!」とゴハンを催促し

今まで1度も食べたことの無いカリカリを
何の躊躇もせず、勢いよく食べてくれました♪

そんなにおいしいのか?と他のコにもあげたけど
皆、ふぅん・・・って感じでした。

多分、すぐっちは状況が分かっているんだと思います。

でなきゃ、小粒好みで鼻づまりのすぐっちが
匂いが弱めで、今までより粒が大きいカリカリを
あんな風に食べてくれるわけないもの!!

他のコが数種類の缶詰やカリカリを食べても
一切見向きもせず、出されたものだけ食べる すぐっち。

このコの強さ、理解力の高さには本当に感心させられます。

さすが、ネコチームのリーダー!
マロとソルぽんが絶大な信頼を寄せているだけのことはある♪

そしてコチラ↓

fc-100919-2.jpg

肛門腺破裂時に、膿を出した患部。

もうすっかりキレイでしょ?
それに肌に赤みも無くて正常だし。

1枚目と2枚目、どちらも今日の午後撮ったのに
皮膚のコンディションが全然違う・・・。

赤くなっているところも、
早くこんな風に白っぽい肌に戻るといいんだけど。。。

ガンバレ、すぐっち!!

 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する
タグ : すぐり ケア

■耳ペタン

17日の夜、ミルクたんが1回嘔吐したものの
でも大丈夫!と思え、やっと安堵したのもつかの間。。。

すぐっちの耳がペタンと横に倒れました(涙)

fc-100918-1.jpg

すぐり 「・・・」

夜ゴハンのあと、急に。
そして痒そうに掻きむしる。。。

あっという間に、目の上の毛がうすいところに掻き傷。
うっすら出血。

外耳炎か耳ダニ?

そう思い、嫌がられながらも耳洗浄を実施。

気付くと、手足や体の一部をやたらと舐めたり
鳴きながらウロウロしたりと落ち着かない様子。

耳のまわりを掻き壊さないよう、
話しかけたり、さすってあげたりしつつ

なんとかなだめながら朝を向かえ、急いで病院へ。

耳のトラブルだと思っていたけど、耳の中はキレイですと言われ

結果はアレルギーでした。

原因は花粉、ハウスダスト、観葉植物なども考えられるけど
症状から見て、食べ物である可能性が大とのこと。

すぐっちの症状は皮膚の赤みと痒み。
特に耳とその周辺、あとは手足(特に肉球周り)に集中。

これが食べ物アレルギーに多いパターンだと言われたような・・・。
(↑うろ覚え)

確かに背中、わき腹、お尻の辺りは
皮膚に赤みも無く、痒みもほとんどなさそう。

先生曰く、すぐっちはまだ軽度なので
薬を使うほどではないんだとか。

軽度?これで?

と思ったけど、重症なアレルギー反応が
どれほどひどい様子なのかを聞き、納得。

すぐっちは、掻いちゃダメだよっていうと
一応、掻くのをやめられる段階だものね。

とりあえず何もしないのも・・・と思って
インターフェロンを打ってもらいました。

fc-100918-2.jpg

すぐり 「・・・」

インターフェロンが効いたのか
午後は比較的耳が立ち、痒みも治まっていた様子。

ただあまり触られたくないようなので
涙が出ていてもそのままにしておくことに。

何が原因かを調べるにあたり
軽度なので血液検査をするほどでもなく

今まで食べていた缶詰&カリカリを1種類ずつ食べるようにし
それぞれへの反応を見るのがいいと提案される。

長い道のりになりそうだなぁ~。

ちなみに。
肛門腺トラブルは完治しました!!

昨夜、すぐっちの様子が急変してから、念のため薬は中止してたけど
キレイに治っているので、もう薬も飲まなくていいそうです!

よかった~!

そしてミルクたんはすっかり体調も安定し、
薬なしでも血尿は悪化せず!むしろ回復傾向です♪

漢方が効いてるのかな?


 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■一難去らず、また一難

ミルクたんの漢方薬、今度はかなり手ごたえあり!

他のコと比べると色は悪いけれど
いかにもな血尿はなくなってきました♪

そんな喜ばしい気持ちだった16日の夜に
さらなる災難がミルクたんを襲いました(泣)

ここからは今後のための記録として
かなり詳細に書いています。
(つまり長いです)

①1回目の嘔吐
16日22時過ぎ。
すこし遅めの漢方&サプリ入り夜ゴハンを済ませ
お薬を飲んで、大体十分程度経った頃

突然、胃を上下に動かし
苦しそうに全部吐き出したミルクたん。

ビックリしたけど、本人はケロリとしてたので
あまり深刻に捉えず、
「お薬全部出ちゃったなぁ。少しは吸収されたかな?」
なんて考えながら、膀胱炎に効くツボを温灸。

初めての温灸だけど
とっても気持ち良さそなミルクたん。

特におなかは冷えているせいもあって
うっとりとした表情を見せてくれたり♪。

その後、おなかすいたよーコールで
2度目の夜ゴハン@カリカリオンリー。

そして、本格的な悪夢はここから(涙)



②2回目の嘔吐
2度目のゴハンを終えて、十数分後
またもや胃を激しく上下させて嘔吐。

この辺りからなんかおかしいと思い始めるも
何していいのか分からず。

とりあえず脱水を避けるために
シリンジで水を飲ませる。

でもこれはミルクたんの吐き気を加速しただけ。



③3回目の嘔吐。
2回目の嘔吐から数分後、また嘔吐。

胃の中身はほとんど空っぽなので
出てくるのは胃液とほんの少しのカリカリの残骸。
吐ききるまで、数回もどす。

ミルクたんの様子はというと、呼吸が浅くて早い。
意識はハッキリしているけれど、瞬膜が少し出ている。

痛い?と聞くと、無反応。
苦しい?と聞くと、目を1回閉じる。

何度聞いても同じ反応だから
痛みはないけど、苦しい状態と判断。

fc-100917-1.jpg

ミルク 「苦しかった・・・」

ベッドに連れて行き、
話しかけながら、吐き気止めのツボ押し。

少し効いたのか、眠り始めたので皆で就寝。
最初の嘔吐から、ここまで約1時間強。


④4回目の嘔吐
17日0時30分ごろ
ミルクたんの吐く音で目が覚める。

1回目&2回目と同じで、胃を激しく動かすので
かなり大きな音(声?)がする。

出てくるものはほとんど胃液。

ミルクたんが起きた目的はトイレ。
便は相変わらずゆるかったけれど
血尿がかなり回復傾向にあったことが救い。


⑤5回目の嘔吐
トイレから出てすぐ。
力んだせいか、3回目と同じような胃液を吐く。

この背中↓が大きく上下して、全てを吐き出す。

fc-100917-2.jpg

ここまでくると、胃はほとんど空っぽなのに、
毎回あんなに激しく胃を動かすなんて
体力を相当消耗するだろうと気になる。

この時点で、夜間救急に電話。
状態を全て説明。

電話口での診断は大まかに言うとこんな感じ↓

急性胃腸炎かもしれないし、腫瘍の可能性もある。
他の要因(異物を飲みこむ、何かの中毒)も考えられるけれど
診ていないので判断できない。

胃を休ませるために水も与えない方がいい。
自分で飲みたがっても飲ませない方がいい。

電話の前に、本やネットで調べたのと大体同じ診断だった。

腫瘍と結石は今までの膀胱炎の検査で排除できるし、
異物を飲み込んではいないはず。
中毒っていうのはピンとこないし、やはりここは
急性胃腸炎のセンが一番しっくりくる。

約2ヶ月、
抗生物質を飲み続けていたせいでずっと軟便だったし、
胃腸が冷えて弱っていても不思議じゃない。

だけど長引く膀胱炎に急性胃腸炎までもって・・・
ミルクたんはどうしちゃったんだろうと不安になる。


⑥6回目の嘔吐
電話で話している間に、さらに嘔吐。

その後、すぐ水を飲みに行く。

テクテク歩いていくミルクたんの後姿を見ながら
水を飲ませないほうがいいと言われたことを思い出す。

だけどなぜか
「飲んでも平気、(吐くのは)これで終わりだから」と思う。

ほどなくして電話を切る。
結局、救急として連れて行くのはやめる。

ミルクたんはまたベッドに戻ってウトウトし始める。

またもや「もう大丈夫」と漠然と思う。

そして再び、吐き気止めのツボを押す。

その後、皆で朝まで就寝。

朝5時ごろ目を覚ますと
ミルクたんはもう起きていて
まっすぐこっちを見ていた。

fc-100917-3.jpg

ミルク 「もう大丈夫!」

目ヂカラも戻っていたし、顔も晴れやか。
呼吸もいつもどおりで、明るい印象。

ただうすーーーーい色の目ヤニが
両目から沢山出てた。

17日の朝ゴハン後は嘔吐なし。

心配だったので、クランベリーサプリのみトッピング。
薬類は一切、なし。

17日夜ゴハンにはクランベリー&漢方薬を混ぜる。
食後、嘔吐。薬は飲ませず。

その後、カリカリを食べるが問題なし。

ミルクたんの胃腸の不調は
ひとまず落ち着きました。

病院でもらった薬はしばらくやめようと思います。
漢方は服用量を減らして、続けるつもりです。

今は、薬を止めて胃腸を休め
腸内環境を整えることを優先させなくちゃ。

とはいえ、不思議なことに

17日の朝、血尿が悪化。
色が少し濃くなったけど
一番ひどいときに比べたら、全然軽い症状。

それ以降、どんどん出血量は減り、
薬が無くてもいい状態を保っています。

災い転じて福となす・・・だといいんだけど。


 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■ソルト☆満1歳

2009年11月29日に出会った子猫は

すくすくと成長し

多分、今日あたりで満1歳☆

おめでとう!ソルぽん!!

fc-100915-1.jpg

ソルト 「ん?」

細身のソルぽん。
筋肉質でスラリとした体型になると思っていたけど

意外とむっちり。

fc-100915-2.jpg

ソルト 「え?」

でも身が詰まっているという感じではなく
全体的に柔らかく、しなやかなタイプ。

相変わらず、膝の上が大好きで
毎日、膝に登りクタッと脱力しては
マッサージされまくりの日々。

ネコチームの中で骨格が一番大きくて

fc-100915-3.jpg

ソルト 「ゆらりん」

しっぽも一番長いソルぽん。

すぐっちとミルクたんも長しっぽだけど
ソルぽんにはかないません!

ほらね?↓

fc-100915-4.jpg

出会ってから一度も
おなかを壊したことがないソルぽん。

食欲旺盛で、
食べることが大好きなソルぽん。

意外と神経質なソルぽん。

ネズミのおもちゃが大好きで
常に瞬殺のソルぽん。

洗濯機の上でくつろぐのが大好きなソルぽん。

誰よりも高く飛べるソルぽん。

誰かが病院から帰ってくると
空いたばかりのキャリーに飛び込むソルぽん。

自らキャリーに入る余裕
他のコには無いよ!(笑)

我が家で唯一、病院に行く必要のない
元気なソルぽんだからできること♪

これから寒くなるけど
ふかふかをいっぱい用意するから

いつまでも元気でいてね。

今日までずっと一緒にいてくれてありがとう。

元気が良すぎて、イタズラばっかりしてた頃
いっぱい、いっぱい叱ったけど
素直なソルぽんのままでいてくれてありがとう。

正直、他のコとちょっとだけ雰囲気が違ったりして
何を考えているのかわからないと思ったことも
このコだけは好きになれないかもと悩んだこともあったけど

気付いたら、かけがえの無い大切な家族になっていました。

若旦那なソルぽん(笑)
これからもどうぞよろしく♪

 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■1つ足りない

先週の土曜の夜から、漢方薬を試しているミルクたん。

でもどうも効きが悪い。

漢方薬局で事情を話し、少しだけ分けてもらったため
メーカーがはっきり分からなかったけど
購入時に見せてもらった箱のデザインを頼りにネット検索。

そこで成分を調べてみると
なんと、なんと、1つ足りないっ!!

fc-100914-1.jpg

ミルク 「今、なんとっ!?」

その1つ足りない成分に止血作用があるのに・・・。

ということで、サクッと他のメーカーに変更。
今度はドラッグストアで錠剤タイプを購入。


fc-100914-2.jpg

ミルク 「ふぅ~」
(マロ、友情出演)

今日の夜から心機一転。
もう1度試してみます。

 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■二人羽織

夜、お客様がふたりお見えになりました。

人見知りゼロでフレンドリーなすぐっちは
玄関までお出迎えして、その後もお客様と一緒♪

ミルクたんは遠巻きに見ていて、我関せず。
自由気ままに少し離れたところでまったり♪

そして我が家のニューフェイスたちは

即逃げ・即隠れ。

それでも、お客様が振ってくれる猫じゃらしが気になるのか

fc-100912-1.jpg

マロン 「ジーーッ」
ソルト 「ジーーッ」

ケージの後ろに回って
カーテンの隙間から、そっと二人羽織状態(笑)

終始へっぴり腰なふたりだけど

ソルぽんは「かっこいい!若旦那って感じ♪」と誉められ
マロは「やっと見れた!」と喜ばれ

なんとか接待(?)できたのでした(笑)

もちろん
すぐっちの接待振りには大絶賛です♪

最近食欲が落ちていた、すぐっち。
お客様をお迎えしたことがよほど嬉しかったと見えて
久々に元気良くカリカリを食べてくれました!!

 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■ふたりの経過

日々順調に回復中のすぐっち。

今日は患部の様子を診てもらうため、再び病院へ。

予想通り、経過は順調。
だけど患部はまだちょっと腫れているらしい。

そう言われてみれば、
ずっとトイレで心地悪そうにしてたっけ。

fc-100911-1.jpg

すぐり 「ん、まだちょっとヘンな感じ・・・」

でもそれも腫れが引けば問題なしとのこと。
よかった♪よかった♪

今日また説明を受けて、おやっと思ったのが
すぐっちはやはり肛門腺破裂だったということ。

皮膚を切開して膿を出したので
勝手に、肛門腺破裂の一歩手前なのでは?と思ってました。

皮膚が切れるところまでは行かなかっただけで
症状としては肛門腺破裂だということを改めて確認。

今日の説明で「なるほど~」と思ったことが多く
あの時、いかに焦っていたかを痛感!
思い違いや、聞いたのに忘れていたことが結構ありました。

そして、肛門腺破裂は完全に治すことが大切との事で
あと1週間、お薬を飲むことになりました。



続いてミルクたん・・・。

昨日、一日を通してほとんど出血が無く
状態がとても良かったミルクたん。

治った!?と期待を込めて、朝、採尿すると

・・・血尿再び(涙)

念のため病院に持って行ったけれど
調べてもらうまでもなく、血尿。

引き続きお薬とクランベリーサプリで様子見。

血尿は全体的には治りつつあって、
出血がほとんどないように思える日も増えたけど

他のコと比べると、やっぱり全然濁ってる。。。

今のお薬だけだと、イマイチ決め手に欠けるので
今日から漢方も試すことにしました。

fc-100911-2.jpg

ミルク 「・・・苦い?」

苦くなかったよ!

どんなものかと、すこし舐めてみたけど
無味無臭♪

缶詰に混ぜて出してみたけど、
気付かずペロリと食べてくれました!

うまく効くといいな☆

 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■すぐっちの経過

肛門腺のトラブルに見舞われた、すぐっち。

病院での処置に肉体的にも精神的にもショックを受けたようで
当日はかなり元気も食欲も無く、ベッドの下に籠りっぱなし。。。

姿を見せてくれるようになったのは、夜、薬を飲んで少ししてから。
痛み止めが効いて楽になったのかな?

それからはしっぽも触らせてくれるし、患部も見せてくれるしで
あちこち触っても何も言わない、いつもの大らか すぐっちに戻りました。

患部は思ったほど大きくなかったものの、状態はよくわからず。。。

血液&体液(+薬もかな?)がしみ出しているせいで
患部周辺の毛が濡れて張り付き、ベチャベチャ風味。

そして何より、毛が黒くて何が何だか判別不能・・・。
こういうとき、黒猫は本当に難しいなと思います。

それから2日、昨夜のすぐっちは

fc-100910-1.jpg

すぐり 「もう大丈夫!」

目に力が戻って、前から見てると普段通り♪

猫ベッドにだって入っちゃいます。

すぐっち、こすれて痛くないの?


fc-100910-2.jpg

すぐり 「全然平気♪」


患部は次の日から少しずつ乾き始め
今は赤い傷穴みたいなのを確認できるようになりました。

鮮明じゃないけど、こんな感じ↓

fc-100910-3.jpg

お尻の穴の斜め下、時計で言うと8時の方向です。
結構、肛門から離れていて驚きました。

このぱっくり開いている傷穴は、時間の経過とともに
段々と中のお肉が盛り上がってきて、自然とふさがるそうです。

よかった♪

とりあえず大きなヤマは越えた感じのすぐっち。
早く完治しますように!



 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■右手のウラ

新しいネコタワー、すっかり市民権を得ました。

特にココ↓が大人気

fc-100908-1.jpg

マロン 「~♪」

低いほうのお皿(?)風ベッド

高いほうが人気が出ると思っていたのに
意外にも手前の低いほうが好きらしい♪

fc-100908-2.jpg

マロン 「キリッ!」

お顔をキメても、下半身はダレダレ(笑)
その右足の角度!(笑)

そんなマロリーヌ、この後
後ろに見えるベージュのハウスの上に移って行きました。

さてここでクイズ☆

これ↓はマロの体のどこの部分でしょう?

fc-100908-3.jpg

ふふふ、答えは簡単!

マロの右手のウラです♪

そして左端に写っているのが
マロのおなかの白毛。

ん、でも・・・ちょっと角度が変?

それはつまり、

こうなって↓

fc-100908-4.jpg

マロン 「ペロペロ」


それがこうなって↓

fc-100908-5.jpg

マロン 「ペロペロ」

最終的にこうなったから↓なのです~。

fc-100908-6.jpg

マロン 「ペロペロ」

おなかをこういう風に毛づくろいする方法、
ウチでは「ペンギンスタイル」と呼んでます。

というのもこれは、すぐっちの得意技!

すぐっちがすると、毛色のせいで
ペンギンが卵を温めているように見えて可愛いのです~♪

だけど・・・
マロだとペンギンに見えないね。。。(汗)


 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■すぐっち絶叫、そしてヨロヨロ

どうしてこんな風に、次から次へと・・・(泣)

こちら、昨夜のすぐっち↓(ここから先、とても長いです)

fc-100907-1.jpg

すぐり 「すぴ~」

ここ数日、すぐっちにしては珍しく
ベッドの下に篭っているなぁ・・・とは思ってました。

だけどずっとベッドの下にいるわけじゃないし
こんな風にのび~っと寝てる姿も見てたし
食欲もあったし、目ヂカラもあったから

私が他のコに気を取られているせいで
なんとなく落ち込んでいるのかと思っていたのです。

でも違いました(涙)

今朝、いつものようにそばに来てくれたので
後頭部から背中、しっぽの付け根へと
いつもの様に撫でたところ

「んにゃっ!!」

しっぽの付け根を触った瞬間、
すっごく嫌がられました(驚)

しっぽの付け根は、すぐっちが好きな場所。
撫でられるといつも敏感に反応して
お尻を持ち上げてくれるのに・・・。

もしかして!?

慌ててしっぽを持ち上げて、お尻を確認。

あぁ、やっぱり!!
肛門腺のあたりが、なんだか液体でグチャッとしてる。。。

痛がってるし、見た目にもよくない感じが伝わってくる。

そんなわけで、すぐっちを連れて一目散に病院へGO!

診断結果は左の肛門腺破裂。
犬猫にとって、これは相当な痛みだと説明を受ける。
(とは言っても、本当に破裂しているわけではなさそうで
その一歩手前位?)

膿がたまっているので、切開して洗浄し
反対側の肛門腺も絞りましょう。

鎮痛剤と局部麻酔を打って行います(←記憶があいまい)
所要時間は10分程度。

そう言われ、待合室で待つことに。

私は今まで一度も遭遇したことが無かったけど
肛門腺のトラブルはわりとよく聞くし、処置の時間も短いので
きっと簡単に終わるだろうと思い、さほど心配せずに診察室を出ました。

でも。

すぐっちにとっては相当な苦痛だったみたいです。

終始、大絶叫に次ぐ大絶叫。

必死にもがいて抵抗している姿が鮮明に浮かんできて
聞いていることが辛くてたまらず、
気を張ってないと涙がジワリ・・・。

それくらい、壮絶な声でした。

手を握り締め、祈りながら待つこと約10分。

再び診察室に呼ばれたときは、
すぐっちはすでにキャリーケースの中で静かになっていました。

診察台の上にはペットシーツが置かれ
すぐっちの肛門腺の中身がありました。

血液に赤く染まった中に、膿と黒く小さな石みたいな塊が多数。
この石は一体何かと思いきや、分泌物が固まったものだそう。

そしてその横には2個の少し大きめの黒い石が2個。
こちらは右の肛門腺内にたまっていた分泌物とのこと。

すぐっちは、今までずっときちんと液体が出ていたので
まさかこんな大きな塊が詰まっているとは・・・!!
驚きすぎて、言葉になりませんでした。

fc-100907-2.jpg

すぐり 「・・・」

帰宅後、素早くベッドの下に避難した すぐっち。

それから約6時間。
飲まず・食わずでずっと篭っていました。

ようやく、自分から出てきてくれたのがこの写真↑です。

fc-100907-3.jpg

すぐり 「バリバリバリ」

爪とぎする気力も出てきたのかな?

とはいえ、すぐっちの患部からはまだ血が出ているようで
すぐっちがお座りしていた場所に、生々しく血液が残ってました。

そして歩く姿は、ビッコを引いたようなヨロヨロした感じで
実に痛々しい(涙)

fc-100907-4.jpg

すぐり 「・・・」

何も言わず、ただこちらをじっと見つめる すぐっち。

患部を舐めるようだったら
エリザベスカラーをつけるよう言われていますが

まだそれどころじゃないのか、ひたすらジーッとしてます。

患部そのものは、まだチラッと見ただけなので
はっきりとは分からないけど、かなり広範囲な感じです。

放っておいたら、あと2,3日で皮膚に穴が開いて
膿が出ていたでしょうと言われました。

すぐっちの患部を見るとショックだけど
本当に破裂する前に処置できて良かった!と思うことにしました。

それに、毛を剃ったから&出血しているせい、で酷く見えるけど
実際の患部は大したこと無いといいな・・・と密かに願っています。

そういえば、膿を出して、そこに薬を詰めましたって
病院で言われたっけ・・・。

家では今日から5日間、痛み止めや抗生剤を飲んで様子見。
今週末に経過観察+洗浄のため通院です。

すぐっち、もう2度とキャリーに入ってくれない気がする・・・。

9月は穏やかにすごしたかったのになぁ。
神様に試されている感じ、また一段と強くなりました(涙)


 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する
続きを読む >>

■薬生活は今週も続く

今日も病院に行ってきました。

といっても、ミルクたんの薬&サプリをもらうだけなので
ササッと私ひとりで。

ミルクたんはお気に入りの場所でシロワッサン中♪

fc-100904-1.jpg

ミルク 「すぴ~」

*シロワッサンとは*
ミルクたんが横向き(半月型)に寝ている姿のことです。
黒猫のすぐっちが半月型になった姿がクロワッサンに似ていたので
すぐっちはクロワッサン、ミルクたんはシロワッサンと名付けました。


fc-100904-2.jpg

ミルク 「すぴぴ~」

気持ちよく熟睡♪

このラグは綿で出来ているので、爪とぎに最適!
日々、かなり景気良くジャンジャンバリバリやってます。

そんなところも気に入っているのか、
気付くといつもここで寝ています。


さて、ミルクたんの調子はというと、

相変わらず血尿です(涙)

fc-100904-3.jpg

ミルク 「むむっ!」

普段見ている限り、まったく膀胱炎らしさのないミルクたん。
だけど血尿が止まりません。。。

出血さえ、出血さえ止まってくれれば!!

なんで止まらないの?ミルクたん???

fc-100904-4.jpg

ミルク 「なんでかしら?」

出血が続く限り、薬を飲まなくちゃいけない。

だけどミルクたんはもうずーーーーーと、薬のせいで軟便です。

ミルクたんは悲壮感ゼロで、あっけらかんとしてるけど
こんな生活が体にいいわけないのは歴然。

あぁ、早く薬漬けの生活から開放してあげたい・・・(涙)

 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■新しいネコタワー その2

先日購入した新しいネコタワーズ。
(参照記事 2010/8/26 新しいネコタワー

今日は2つ目をご披露します♪

ジャジャン!!コレです↓↓

fc-100903-1.jpg

マロン 「すぴ~」
ソルト 「ん?」

マロとソルぽんが寝ている、ボアタイプの2つの四角いお皿
これが新しいネコタワー その2 です。

夏なのにボア!?と思ったけど、お皿(ベッド?)に惹かれて購入。
男子チームは着いたその日から、何の抵抗も無く使ってくれてます!

fc-100903-2.jpg

マロン 「ん?」
ソルト 「なにぃ?」

奥に見えるベージュのネコハウスは
倒壊した初代ネコタワーの下半分。

こちらはまだまだ使えるので
新しいタワーと組み合わせて、再利用することに♪

冬になったら、きっと すぐっちが今までどおり
慣れ親しんだハウスにお篭りしてくれるはず。

fc-100903-3.jpg

ソルト 「・・・」

ソルぽん、カメラ警戒中・・・。

fc-100903-4.jpg

マロン 「んな」

マロはソルぽんよりカメラ慣れしてる分、
少しだけリラックス。

それにしても。
ソルぽんを見てからマロを見ると・・・なんか和風(笑)

そして再びソルぽんを見ると・・・なんか濃い(汗)

ちょっと毛色が異なるだけなのに
こんなに見た目の印象が違うなんてね。

いままでずっとモノトーンカラーな猫生活だったから
男子チーム、特にソルぽんを撫でるときは
その柄をまじまじと見ずにはいられません!

世間一般では、猫はシマシマ付きが普通なんだろうけど(笑)


 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■今日から9月

あっという間に8月が過ぎ、気付けば9月。
すぐりミルク家一同、とりあえず何とか生きてます!

それにしても、今年の8月は波乱に満ちてたなぁ・・・。

というわけで、皆の8月を振り返ってみたいと思います。

まずはマロリーヌ。

これはなんと言っても、突然、謎の恐怖に見舞われた
引きこもりの数日間でしょう!

fc-100901-1.jpg

マロン 「あれはこわかった・・・」

私も怖かった(笑)

マロが復活しないんじゃないかと真剣に凹み
現実を直視できず、家に帰るのが憂鬱だったりもしたよ。

フラワーレメディがあって本当に良かった!
幸い、あれ以来マロは元気にしています♪

9月20日はマロに出会った日。
今月は特別な月だね、マロリーヌ★


続いて、すぐっち&ソルぽん。

すぐっちはコレと言って大きな事件なし。
でもあまり構ってもらえず、きっとさみしかったと思う。

いつも黙って耐えてくれる すぐっち。
申し訳ないと思いつつも、いろいろな面でついつい頼りにしちゃいます。

9月はもう少し、すぐっちとの時間を増やさなくちゃね!

fc-100901-2.jpg

すぐり 「ジーッ」
ソルト 「ジーッ」

8月のソルぽんは、良くも悪くも大活躍!

エアコンの水漏れを教えてくれたことは大感謝♪
その代わり、猫砂で遊んで大目玉をくらったこともあり(笑)

9月中に満1歳を迎えるソルぽん。
お誕生日は分からないけど、一応9月15日あたりかなって思ってる♪
まだまだ甘えんぼさんのソルぽんだけど、もうすぐ大人だね~。

病院に行く機会が無くて、ずっと体重を計ってないけど
きっと5キロを超えてるだろうな(汗)
病気知らずで元気なソルぽん。9月もどうぞよろしく♪

そして最後はミルクたん。

fc-100901-3.jpg

ミルク 「すぅ~」

シロワッサン姿でおねむ中♪

8月のミルクたんは本当に頑張った!
毎日毎日薬を飲まされ、週末には病院に連れて行かれ、
いきなり食事まで変えられ、

挙句の果てに、ソルぽんやすぐっちに攻撃される日々。

不思議なことに、突然ソルぽんがミルクたんに興味を持ち始め
連日近づいてはちょっかいを出しています。

すぐっちも気が向くと、時々ミルクたんを追いかけていました。

ふたりは遊びのつもりでも、
ひとりでまったりしたいミルクたんには憂鬱の種。

攻撃されるたびに「シャーッ!」と威嚇して応戦します。

実はこのことがストレスとなり、
血尿の一因になっているのではないかと病院で聞いてみました。

直接の原因ではないかもしれないけれど一因にはなりうると言われ
それ以来、ミルクたんにはレスキューレメディを与えつつ様子を見ています。

とはいえ、皆と同じ空間でリラックスして寝てくれるので
心配するほどのストレスではなさそうです♪

今月26日に7歳のお誕生日を迎えるミルクたん。
そのときにまでには血尿が治まっていますように(祈)

そんなこんなで、4猫4様の8月が終わり
記念日目白押しの9月が始まったのでした・・・。

9月は穏やかに過ごしたいな☆





 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

プロフィール

エミ

Author:エミ
黒猫・白猫・茶白・灰白
4猫の のんびり生活日記

ホリスティックケア・カウンセラー
愛玩動物飼養管理士1級
犬と猫のための温圧・温灸セラピスト

只今、猫のQOLを追求すべく
犬猫のための東洋医学
アーユルヴェーダ
アニマルコミュニケーション
も勉強中。

動物実験実施メーカーの
製品は使いません。

毛皮製品も必要ないよね?

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。