■2010年08月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

■クランベリーのサプリ

8月22日に受けた、ミルクたんの血液凝固検査と
尿の培養検査の結果が出ました。
(参照記事 2010/8/23 本格的な検査

fc-100828-1.jpg

ミルク 「ほぇ~」

結果はともに異常なし/陰性。

血液凝固検査は、血液が固まりにくい(出血が止まりにくい)
先天的な要因がないかの検査で、結果は異常なし。

尿の培養検査の結果も陰性。
尿中の菌を培養して、何の菌が悪さをしているか調べるはずが
抗生物質、抗菌剤を服用していたせいもあり、特定できず。
(もしくはもう細菌が繁殖していない状態)

血液凝固検査については、全然心配していなかったので
結果を聞いても「やっぱりね」という程度。

一方、培養検査についてはすごく期待していました。
細菌を特定できれば、それにあった薬で血尿を止められる!
そう思っていたので・・・。

fc-100828-2.jpg

ミルク 「力が抜けるね~」

うん、ほんとにね。

これだけの時間とお金をかけて、
さらに通院でミルクたんにも精神的負担をかけて
小さな体を1ヶ月以上も抗生物質などで薬漬けにしても
まだ血尿が治らない!
それどころか原因すら掴めない!!

結局、どういうことかといえば

細菌性の膀胱炎。
細菌自体には薬が効いている。
でも血尿は続いている。

はぁ~困った。

出血自体には波があって、1度たくさん出血すると
それをピークに出血量が少しずつ減り、
ある一定まで来ると、またたくさん出血するというサイクル。

完全に血が止まることは無いけれど
現状は出血量にばらつきアリ。
出血サイクルは3~8日程度とこれもバラバラ。

実際のところはわからないけど
私のイメージとしては、膀胱内の炎症が治りかけては再発を繰り返す、
もしくは組織が次々に炎症を起こし、あちこちから出血している感じ。

検査を続けて、ここまで異常なしの場合の次なる手段は
膀胱に造影剤を入れて膨らませ、レントゲンを撮り
膀胱の構造自体に先天的な異常が無いか見るそうだけど

それは正直、必要ない気がするのです。

先生もそう思ったのか、代替案として提案されたのは
クランベリーエキスのサプリ。

原因は不明だけど、ミルクたんの体の何かが
止血剤の働きを弱めている(効きにくくしている)ので
薬の働き、ミルクたんの治癒力&免疫力を高めるために
泌尿器に効くというクランベリーを試してみるというもの。

さらに通常食も摂ってよくなりました♪

処方食+通常食+薬+クランベリーのサプリ。

でもね。
病院では言えなかったけど、ミルクたんはもう何年も
クランベリーエキスのサプリを摂っているのです。

一瞬、そのことを伝えようかと思ったけど

病院で出されるものは、市販ものより
クランベリーエキスの濃度が高いかも・・・。

そう思い直して、黙っていることにしました。

もうね、試せるものは何でもやる!っていう気持ちなのですよ。

fc-100828-3.jpg

少しブレちゃったミルクたん↑

この写真みたいに、私の気持ちも少しブレて来ています。

今までは西洋医学オンリーの治療を続けてきたけれど
1ヶ月たっても治癒しない・・・。

細菌性ということで抗生物質に頼ってきたし
素人考えで同時に他のものに手を出すのは怖かったけど

西洋医学ではそろそろ打つ手なし、という気がするので
これからは無理の無い範囲で、サプリや漢方も試してみるつもりです。

そうそう、あとは指圧もね♪
膀胱のツボを押すと、ミルクたんたら
すごく気持ち良さそうにしてくれるのですよ~。

これが可愛くって、時々ツボ押ししてましたが
これからはもっと頻繁に指圧しようと思います。

ここまでくると、
何がきっかけで治るか分からないもんね!!



 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する
続きを読む >>
スポンサーサイト

■新しいネコタワー

少し前に、神様に試されている気がすると書いたけど
(参照記事 2010/08/20 エアコンから・・・

エアコンから水漏れする前にも事件はあって
8月14日、初代ネコタワーが倒壊しました。

まえからグラついてはいたけれど
ナゼよりによってこのタイミング?

という訳で、凹む間もなく買いました!
新しいネコタワーズ♪

ん?タワーズ???

そう複数形。
だって2つ買っちゃったんですもの♪♪

8月21日に2つ同時に届き、夜中までかかって組み立て完了。
独特の匂いもだいぶ取れ、部屋に馴染んできました。

今日はとりあえず、1つ目をお披露目です★

fc-100826-1.jpg

ソルト 「うーん・・・」

タワーのトンネルの中のソルぽん。
これはヤラセです(笑)

買う前にネットでレビューを見ていたら
「トンネルが使いづらい」とか「ウチのコは使わない」
なんて感想が結構あったので

試しにソルぽんを入れてみました。

fc-100826-2.jpg

マロン 「どんな感じ~?」
ソルト 「うーん・・・」

早速マロ兄さんのチェックが入ります(笑)

トンネル自体は別にいらないので
人気が無くてもいいのです。

このタワー設置の目的は
ケージの屋根に乗るための足場作りだから♪

fc-100826-3.jpg

マロン 「ひゃっほー!」
ソルト 「まってぇ!!」

床 → タワー → ケージ → タワー → 床

こうやって上下運動が出来ればそれでOK。

ケージの上で寝るのが好きな男子チームの
新しい基地として活躍してくれるといいな。

さらに、すぐっちやミルクたんが
ケージの屋根に乗ってくれたら、なお嬉しい♪

タワー使用率ナンバー1キャットはマロリーヌ

fc-100826-4.jpg

マロン 「入れたっ!」

小ぶりなハウスはマロにはキツそうだけど
挑戦せずにはいられないご様子(笑)

fc-100826-5.jpg

出たっ!マロの後頭部一:九分け!!

すぐっち&ミルクたんの子猫時代の思い出が詰まった
愛着のあるタワーが倒れたり、

調子に乗ってタワーを2つもなんて
高い買い物しちゃったり

冷静に考えると「どうしましょ!」なことが多いけど

新しいタワーを喜んでくれるコがいると
買ってよかった!と元気が出ます★

すぐっちやミルクたんも、
このタワーを愛用してくれますように・・・。


 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■本格的な検査

昨日、ミルクたんは朝から夕方まで病院で過ごしました。

fc-100823-1.jpg

ミルク 「・・・」

おかげでミルクたんはとっても疲れています。

fc-100823-2.jpg

ミルク 「すぴ~」

今日はゆっくり休んでね、ミルクたん♪

病院お疲れ様でした!

fc-100823-3.jpg

ミルク 「はっ!病院!?」

大丈夫、大丈夫、もう行かないから。
今日はおウチでのんびりだよ。

fc-100823-4.jpg

ミルク 「ホントに?(チラッ)」

本当だよ♪

それにね、ミルクたんはどこにも異常なしだったんだよ!!

そう、ミルクたんは今回の検査で
どこにも異常が無いことが認められました。

朝10時にミルクたんを病院に預け、夕方4時ごろにお迎え。

その間にミルクたんが受けた検査は・・・

X線検査(2枚) 異常なし
血液検査     異常なし
血液検査(FIV)  陰性
血液凝固検査   検査機関へ提出・結果待ち
尿の培養検査   検査機関へ提出・結果待ち

検査機関へ提出したものについては、まだ分からないけれど
それ以外はどこにも異常なし。

以前の超音波検査も含めると、
結石や腫瘍の疑いは否定され、貧血も起こしていないそう。

実は密かに他の病気も疑っていたので、はっきり否定されて良かった!

猫エイズの検査は私の希望で追加。
ミルクたんは生後2ヶ月のときにエイズ/白血病の検査をしていて
どちらも陰性。
今回も陰性だろうと思いながらも、念のためにお願いしてみました。

ミルクたんが検査をことごとくクリアしてくれて嬉しい反面
じゃあ何が問題なの?と振り出しに戻ってしまい
本当に治るのかと、少し不安になる。

残りの検査結果が分かれば、解決策が見つかるのかな?

それまでは、今までどおり処方食と薬を続けることに。

トマトジュースのような血尿については、とりあえず様子見。
貧血を起こす量じゃないと言われ、ひとまず安心。

fc-100823-5.jpg

ミルク 「・・・」

猫線くっきりミルクたん♪

病院でミルクたんのことを「興奮しやすいタイプ」と
言われたときは、目からウロコが落ちるような思いでした。

攻撃性もないし、私には懐いているので
今までそういう風に考えたことが無かったけれど
確かに興奮しやすいタイプと言えるかも!

指摘されるまで気付づかないなんて
私は本当にミルクたんのこと、分かっているのかな?と
帰宅しながら、反省しきり。

ミルクたんの膀胱炎、学ぶことが多すぎです・・・。

最後にオマケ↓↓

fc-100823-6.jpg

ミルクたんの肉球。
今夏も隙間から白毛がファサーっとね(笑)

 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■エアコンから・・・

今年に入ってからずっと、神様に試されているような気がする。

その人が乗り越えられない試練は与えられないとか言うけれど
たとえ一つ一つは深刻じゃなくても、トラブル続きというのは非常に疲れる。

ミルクたんの血尿悪化という、凹む状況のなか

何で水漏れするかなぁ、ウチのエアコン(涙)

fc-100820-1.jpg

ソルト 「ふごごっ!」

水漏れに気付いたのは今朝。

ソルぽんがしきりに床を気にしているので
何事かと見に行くと、なんか濡れてる。

状況を把握するまで数秒。

見上げるとエアコンの噴出し口から水漏れが・・・。

慌てて電源を切り、蓋を開けてフィルターをはずすと
フィンのところにゼリー状の何かがくっついていて
そこから水漏れ。

はて、これは何だろう?

よく分からないけど、なんとかしなきゃ!
今エアコンが壊れたら非常に困る!!!

という訳で、常備してあるエアコン洗浄スプレーでお掃除。
汚れ(?)はサクッと流れていきました。

折角なのでフィルターも洗い、再びエアコンをON。

しばらく様子を見ていたけれど、とりあえず大丈夫そう・・・。


fc-100820-2.jpg

ソルト 「すぴ~」

ソルぽん、ありがと♪

ソルぽんが異常を教えてくれたのはこれで2回目。
(1回目は、虫が家に入ってきたとき)

まさか朝の5時半からエアコン掃除をすることになるとは
夢にも思っていなかったけど、ソルぽんのおかげで助かりました★

暑くなる前で、
エアコンを切っていても大丈夫だったこともラッキーだったね。

すぐっちの鼻炎対策の一環として
年に何度か掃除していたんだけどなぁ、エアコン。

最後に掃除したのは冷房を始める直前。
3ヶ月くらい前かな?

なのにもうこんなに汚れているなんて。。。
いやいや、むしろこんな汚れを見たのは初めて!!
今年はいかにエアコンを酷使しているかを痛感した事件でした。


最初に書いた、神様に試されているという気持ち。

具体的には「本当に4猫も面倒みられるのか?」と
いつも試されているような感じがするのです。

2猫から4猫って単純に倍になっただけに思えるけど
実際のお世話はそれ以上に大変!

限られた時間と経済力の中で、4猫全てを幸せにすることって
私にできるのかな?ってずっと自問自答しています。

どんなことが起こっても、負けない強さと立ち向かう精神力。

それがまだまだ足らないから、こんな風にトラブル続出で
神様に試されているような気になるのかもしれないなぁ。。。

ふぅ~。



 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■トマトジュースのような

夜になって突然、ミルクたんの血尿が悪化しました。

いままでの血尿とは比べ物にならないほど赤くて
それはまるで、トマトジュースのよう。

fc-100819-1.jpg

ミルク 「すぴ~」

処方食を守ってる。おやつもあげていない。
薬もきちんと服用している。

元気も食欲もある。尿量もいつもどおり。
相変わらず頻尿はまるでなし。

それなのにこんなに出血するなんて!!

唯一の救いは、
ミルクたんがいつもと変わらないこと。

fc-100819-2.jpg

ミルク 「すぴ~」
すぐり 「すぴ~」

久々にすぐっちと一緒におねむ。

ミルクたんの性格からして、
本当に具合が悪いときは、きっと誰も寄せ付けないはず。

こうして、すぐっちに枕にされていても平気ということは
思ったよりも深刻な状況ではないということ。

そう信じたい・・・。




 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■レンゲと小分けボトル

昨日また病院に行ってきました。

でも今回はひとりきり。
ただし、カバンの中にミルクたんの血尿を忍ばせて。

そう、ミルクたんの血尿はいまだに続いているのです(涙)

fc-100815-1.jpg

ミルク 「もう病院行きたくない!」

毎週、病院に連れて行くのもよくないと思い
今回は採尿して、それだけをもって行きました。

猫の採尿、生まれて初めての経験です!

ネットで仕入れた情報を元に、事前に100均で調達した
レンゲと小分けボトル(要はお弁当の醤油入れ)。

レンゲで尿を受けて、すみやかにボトルに詰め替える。

たったこれだけ!大丈夫、簡単!簡単!
と、イメージトレーニングは数日前からバッチリ♪

病院からは「採尿後2時間以内に持って来るように」と
指示されていたので、朝イチで採尿しようと
前夜から準備万端で挑みました。

幸い、ミルクたんはとても規則正しくトイレに行き
なおかつ、トイレに入ってすぐに座り込むタイプ。
(相変わらず、頻尿はありません)

ウチのネコチームの中でもっとも採尿しやすいコなのです。

とはいえ、
ミルクたんのトイレタイムが近づくにつれ、緊張MAX。

いざミルクたんがトイレに入ると、緊張で手元が狂い
思ったほどレンゲで受けられなかったけれど、
それでも、とりあえず採尿成功!!

ミルクたん、レンゲに気付いてた???

fc-100815-2.jpg

ミルク 「え~?わかんなかったよぉ」

採尿できた興奮であたふたしながらも、すぐに病院へ出発!!
私のテンションの高さに、ネコチームちょっと引いてました(汗)

採尿の結果は、出血はしているものの
細菌感染は治まったとのこと。

fc-100815-3.jpg

ミルク 「はぁ~よかった!」

出血は続いているので、
処方食と薬は続けることになりました。

fc-100815-4.jpg

ミルク 「お薬まだ飲むのかぁ・・・」

ミルクたんの処方食はヒルズのc/dに落ち着きました。

出されたサンプルは全て抵抗せずに食べたミルクたん。
ロイヤルカナンより小粒だという理由でヒルズを採用。

ひとつ難点があるといえば、ちょっと油っぽい気がするところ。
まぁ、他のコのカリカリに比べてという程度だけど。

今回に限り、ヒルズもロイヤルカナンもその他のメーカーも
どれもこれも、なんかしっくりこない感じ。
早くもとのゴハンに戻してあげたいなぁ・・・。

とはいえ、早くも血尿発覚から1ヶ月が経過(涙)
ミルクたんの血尿完治への旅はまだまだ続くみたいです。

ガンバレ!ミルクたん!!

 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■マロン、怯える

今でこそ、こんな風にネコタワーでくつろいでいますが

fc-100814-1.jpg

この数日はひたすら恐怖と戦っていたマロリーヌ・・・。

はっきりと異変に気付いたのは8月10日の夜。

いつもなら夜ゴハン待ちの元気な姿を見せてくれるのに
この日はベッドの下にもぐって、引きこもりモード。

最初は単純におなかが空いていないのかと思ったけれど
どうやら何かに怯え、食べに来ることが出来ないでいるみたい・・・。

やっとベッドの下から出てきたと思ったら
終始、ビクビクしながら周りの様子を伺っているマロリーヌ。
ちょっとの音でも振り返り、警戒して身を硬くする。

もともと怖がり&人見知りタイプだし、一応食べてくれたので
この夜はヘンだなと思いつつも就寝。

いよいよマズイかも!と思ったのは翌朝。

さらに激しい引きこもりになっていて、
ビクビクしながらゴハンとトイレを済ませると
またベッドの下で警戒体制。

心当たりは全くなし。
でもある一定音方向を気にしていることから
そちらのほうでマロが驚く何か(大きな音?)がしたのかも。

fc-100814-2.jpg

ストレスにより免疫が下がることが何よりも怖いマロリーヌ。

11日の朝からレスキューレメディを飲ませ始め
ひたすら話しかけ、なぐさめ(?)たところ

fc-100814-3.jpg

マロン 「はぁ~こわかった!」

今日、無事復活!!!
あぁ!良かった!!!

復活したからこうして公表する余裕が出来たけど
2日前は私もかなり凹んでいました。

この家はマロの世界の全て。
その世界が突如、すごく怖いところになってしまったら
マロはこれからどうすればいいの!?

そう思って、必死にレメディを与えていました。

恐怖の原因は結局分からずじまい。

ただひとつわかったのは
今回もレスキューレメディがよく効いた!ということだけ。

マロとミルクたんには、とてもよく効くこのレメディ。
多分症状とレメディがぴったり合っているんだと思います。

白毛チームは本当にこのレメディにお世話になっていて
病院に行く前、帰った後にも飲ませています。

これだけ効くなら!とためしに自分でも飲んでみましたが
正直、全然変化なしでした(笑)

そして暗色チームにも効果なし。
ま、そもそも必要なしだものね、暗色コンビには♪


 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■真夏の暗色コンビ

今年は猛暑ということで
我が家のエアコンは毎日20時間近く稼動しています。

とはいえ、今年の冷房は例年より弱め。

マロン&ソルトにとっては初の夏&冷房だし
ミルクたんの体の調子もイマイチ。
すぐっちは基本的に寒がりなので

設定温度を2度上げて、しばしば弱風で対応。

私は暑いけど、ネコチームが快適ならそれでよし!
さらに嬉しい誤算で、夏の電気代が今までで一番安い!!

そんなマイルド冷房な真夏の部屋で
暗色コンビはふかふかを愛用・・・。

fc-100811-1.jpg

すぐり 「~♪」
ソルト 「すぴ~」

このふたり、どんなに暑くてもふかふかを愛し
必ず猫ベッドやブランケットの上に寝ます。

fc-100811-2.jpg

ソルト 「すぴ~」

そして、ソルぽんはかなりの確率ですぐっちのそばに。

ソルぽん、見た目のイメージは暑がりさんっぽいけど
すぐっちに負けず劣らず、ふかふかが大好きなコです。

同じようなものを好む性質も、
ふたりが一緒にいる要因のひとつになっているみたいです。

ちなみに
ミルク&マロンの白毛チームは基本的に暑がり。

夏にふかふかなんて無理!とその辺の床に転がっているか
冷房の当たる涼しいところで寝ています★

この違い、少しは毛色も関係あるのかな?



 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■療法食に進む

はぁ~(凹)

ミルクたんは一体どうしちゃったのでしょうか?

3週間にもおよぶ投薬の効果なく、
薬が終わった途端に、サクッと血尿復活(涙)

・・・・・。


おとといの朝で投薬が終わりました。
そして薬が切れたと思われる昨日の朝、薄く血尿。

お昼にはさらに血尿が悪化。

薬を服用していた時はなかなか調子がよく
「もう治ったかも!」って思えた時もあったのに。。。

薬が終わったら診察に行くことになっていたので
凹んだ気持ちのまま、昨日午後イチで病院へ。

fc-100809-1.jpg

ミルク 「ふぅ。。。」

病院までの道のり、
ミルクたんはずっと抗議の声を上げていました。

悲壮感ゼロの激しい訴え(でも攻撃性もゼロ)に
落ち込んでた私もちょっと元気回復。



イヤだ!って言えるって素晴らしい!
ストレスを発散するって大切だもんね♪

これがマロだと・・・
キャリーの中で無言で縮こまって、気配を消して
車の音や工事の騒音が聞こえるたび、小さく震えるのです。

こういうタイプは、見ていてホントに胸が痛い。

だからミルクたんみたいに
「んもうっ!」って言えるって良いことなのです。

だけど興奮で耳や鼻がアツアツの真っピンク!

暑さが苦手なミルクたんなので、
夏場の移動は「ひえひえバンダナ」が欠かせません!

fc-100809-2.jpg

ミルク 「今日もがんばったよ!」

先生にお腹やお尻を押されたり、つままれたり(?)しながらも
ミルクたんは必死に耐えました。

薬に反応しつつも、薬をやめるとすぐ出血が見られることから
薬だけでなく、食事療法も始めることになりました。

お試しサンプルを3社分(10種類位)いただいて
今順番に開けています。

ミルクたんの本当の気持ちは
多分こんな感じ↓↓↓

fc-100809-3.jpg

ミルク 「しょぼーん・・・」

今までの経験から、
ミルクたんなら膀胱炎もあっさり克服してくれるはず!
そう思っていました。

だから今回の結果はかなりショックです。。。

夜、薬を飲ませる前にトイレを確認したら
血尿の色が今までで一番ひどくなっていました。
(今朝は薬の効果で改善傾向です)

とはいえ、いつまでも凹んでいるわけにはいかないので
薬&療法食だけでなく、ツボ押しも加えて
完治に向けてミルクたんと頑張らねば!!


 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する
続きを読む >>
タグ : ミルク 病院

■ドーム

我が家の猫トイレはドーム型(屋根付きタイプ)。

猫砂を変えるついでにトイレを洗い
それを機にドームの部分をはずしてみました。

ドーム部分は結構大きくて
どこに収納するか、考え中・・・。

すると

fc-100805-1.jpg

マロン 「ぬーん!」

おや?

fc-100805-2.jpg

マロン 「てへへ♪」

早速マロリーヌが潜ってる!

fc-100805-3.jpg

マロン 「シャキーン!!」

ふふふ、いい場所を見つけたね!

マロはドームが気に入ったみたいで、
この部屋に来ると必ずココにいます。

なので、かれこれ1週間くらい
ドームは部屋に放置されているのでした。

あ、トイレは屋根なしでも問題なく使用中。

ミルクたんが心配だったけど
1個だけドームを残してあるので
一応、プライバシーは保てている様子。

とはいえ、
時々、屋根なしも使用中♪

結局、ドームの有無より
皆、猫砂のコンディションのほうが気になるんだって。

なるほど!





 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

■成猫

去年の9月20日に出会ったマロン。

お誕生日は分からないけれど、
獣医さんの見立てでは2009年7月生まれとのこと。

そういうわけで、

マロリーヌ、めでたく満1歳になりました!!

おめでとーーーーー♪

fc-100801-1.jpg

マロン 「???」

不審そうなお顔(笑)

すぐっち、ミルクたん、ソルぽんに比べ
一回り頭が小さいマロリーヌ。

体全体の骨格も他のコよりちょっと小さい感じかな?

だけど一番良く動くコです♪

マロと出会って約10ヶ月。
その間にいろんなことがありました。

何度も病院に行って、沢山心配して・・・

マロリーヌは免疫が弱いので、
他のコよりも体調管理には気を使います。

お腹がとてもゆるくなりがちなので、
なんでも食べられるわけではありません。

毎日乳酸菌を摂っていますが
これが無くなったらと思うと、ホント恐ろしい!

そんなマロだけど、
気づけばとても大切な存在になっていました。

そして、今だから書けること。

今年3月、マロの体に肥満細胞腫が見つかりました。
(肥満細胞腫についてはネット検索してみてね)

本当にショックで悲しくて、
なんでこのコばっかり!!と思ったけれど

1ヶ月後の4月、マロの肥満細胞腫は自然消滅していました。

若い猫に出来た肥満細胞腫が自然消滅することは
多いとは言えないまでも、意外と起こることみたいです。

病院で自然消滅もありうると説明されていたので
3月はひたすら、腫瘍が消えることを祈りながら過ごしました。

だから消えたときは心底嬉しかった♪

回虫騒動、血便、発熱、そして肥満細胞腫。

数々の苦難を乗り越えてきたマロリーヌ。

今でも心配は尽きないし、
これからも定期的に病院には行かなくちゃいけないし
乳酸菌やその他サプリも多分一生続けなくちゃいけないし

手間もお金もかかるマロリーヌ。

だけど出会えて本当に良かった!

大好きなマロリーヌ。
可愛くて愛しいマロリーヌ。

8月になって、無事、大人にゃんこになりました。

皆様、これからもマロをどうぞよろしく♪

 

banner_22.gif  cat_tatou88_31.gif

 

 

拍手する

プロフィール

エミ

Author:エミ
黒猫・白猫・茶白・灰白
4猫の のんびり生活日記

ホリスティックケア・カウンセラー
愛玩動物飼養管理士1級
犬と猫のための温圧・温灸セラピスト

只今、猫のQOLを追求すべく
犬猫のための東洋医学
アーユルヴェーダ
アニマルコミュニケーション
も勉強中。

動物実験実施メーカーの
製品は使いません。

毛皮製品も必要ないよね?

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。